院長紹介

土屋雅文歯学博士(大阪大学)
日本矯正歯科学会専門医
日本矯正歯科学会認定医
日本矯正歯科学会指導医
WFO(世界矯正歯科学会)会員
近畿矯正歯科研究会元会長

略歴

 
1979年 大阪大学歯学部卒業
1979年 歯科矯正学講座入局
1983年 大阪大学歯学部、文部教官助手任官
1988年~1990年 文部省長期在外研究員として
ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)にて
研究、教育に従事
1990年 帰国後、兵庫医科大学講師
(歯科口腔外科学講座、矯正歯科担当)
1994年 つちや矯正歯科クリニック開設

矯正歯科に携わって37年になります。その間多くの患者さんに教えていただいて今日の私の臨床があります。垂水は大学医局時代に吉田歯科医院の矯正担当として10数年間診療させていただき、それが縁でこの地で開業しました。思い返せば阪大、海外、兵庫医大と異なる環境で勉強できた事は本当に幸せでした。阪大では学問の基礎をしっかりと教えてもらいました。海外では異なる文化を背負った人達が共にひとつの社会を築こうとしている姿に接し、日本の常識が必ずしも世界の常識ではない事を学びました。兵庫医大では顎関節症の治療、歯の移植再植、インプラント、そして最新の歯周補綴治療に参加し、広い視野で矯正をとらえる大切さを学びました。

近年、よく噛むことが全身の健康に深く関わっている事が分かってきました。例えば、姿勢をよくして肩凝りや腰痛を防いだり、大脳の発達を促したりします。もちろん出っ歯や受け口を直すことによって審美的なコンプレックスを克服し、自分に自信がもてるようになるといった心理的な面も見逃せません。つまり、矯正は噛み合わせをよくして、より健康になる、よりキレイになるための治療なんです。

でもそんないいことばかりではありません。装置を入れた時は気持ち悪いし、歯は浮くし、歯も磨かないといけないしね。でもその大変さの向こうにはすてきな笑顔が待っています。このホームページではそんな困難を乗り越えるために矯正治療に対する正しい知識と最新の情報を皆さんにお届けしたいと思っています。

日本矯正歯科学会が新たに創設した「専門医」の審査、試験に合格しました。名誉ある資格を頂き、光栄ですが、これからも益々自己研鑽を積み、患者様の健康増進に貢献しなさいとの叱咤激励と受け止め、日々精進していきたいと考えています。

症例審査の際にご協力頂きました患者様にはこの場を借りてお礼申し上げます。誠にありがとうございました

このホームページを作成するにあたっては大阪大学時の同僚である 
布袋先生(堺市開業、ここのホームページは気合いが入っています)に 
ずいぶんお世話になりました。ありがとうございました。

副院長紹介

米野潔所属学会

 日本矯正歯科学会(認定医)
 近畿東海矯正歯科学会
 日本顎関節学会

略歴

 
2001年 大阪大学歯学部 卒業
2001年 広島大学大学院歯科矯正学講座 入局
2002年 カリフォルニア大学サンフランシスコ校 留学
2005年 広島大学大学院歯科矯正学講座(博士課程)修了
2005年 国際歯科研究学会 IADR Travel Award 受賞
2006年 日本矯正歯科学会認定医 取得
2008年 つちや矯正歯科クリニック 勤務

副院長の米野です。歯科医師の資格を取得後、歯科矯正を専攻し、歯並び、咬合を専門として患者さんの治療に従事してまいりました。私自身も学生の頃に矯正治療を受け、その経験を生かして患者さんの気持ちの分かる歯医者を目指しています。

歯の矯正治療は見た目をよくすることはもちろん、虫歯や歯周病のなりにくい、機能的でよく噛める咬合を目標に治療していきます。少しずつ変わっていく歯並びに感動し、噛み合わせの大切さを実感していただけるよう努力しています。

また、最新の装置や効果的なテクニックを取り入れるよう配慮し、より質の高い治療を提供できるよう日々尽力することが歯科医師の務めと考えています。矯正治療では歯を抜くことを心配される方も多いですが、新しい装置を使うことで、歯を抜かなくても矯正治療が可能となる場合もあり、できるだけ抜かなくてよい方法を探しながら治療しています。

歯ならびについて、気になること、心配なことがありましたら、気楽にご相談下さい。本当に矯正治療が必要なのか、最適な治療の開始時期はいつなのか、どのような装置が必要なのかを詳しく説明させていただきます。患者さんとのコミュニケーションを大切にし、分かりやすい説明になるよう心がけております。

私達は患者さんが笑顔になれる歯並びを目指して、日々治療を行っています。患者さんの笑顔が私達にとっても最大の糧になります。一緒に頑張りましょう。